自分がAGAであるか否かの判断

img-1

薄毛に悩む人は多いと言いますが、髪の毛が薄くなる原因は人それぞれ異なると言いますが、20代から30代の若い男性に多いと言われているのが男性型脱毛症とも言われているAGAなのです。



AGAの特徴と言うのは、生え際部分が徐々に後退していくM字の形に薄くなるM字型と、頭のてっぺんが丸い形で薄くなるO字型の2つのパターンが在る事です。



但し、M字型とO字型は全ての人が生じるものではなく、どちらか片方のみの人も多いと言われているのです。



AGAの特効薬として知られている医薬品がプロペシアですが、プロペシアは薄毛治療を行う病院施設で処方される医薬品となります。



また、プロペシアは数多くある薄毛の中でもAGAのみ効果を持つ医薬品で有り、他の薄毛には効果が無いと言われているのです。



尚、プロペシアは男性が利用出来る医薬品であり、女性の薄毛に対する効果はないだけではなく、女性が利用する事で恐ろしい副作用を引き越す事からも病院では女性に対しては処方が行われていません。



因みに、AGAであるか否かと言うのは、遺伝子検査を受けることで明確になると言いますが、遺伝子検査を受けた結果、男性型脱毛症と言う症状であることが判明するとプロペシアが処方され、薄毛治療が開始となるのです。



尚、プロペシアには個人輸入代行を行っている通販サイトでジェネリック医薬品の購入が可能になっていますが、症状を特定しない段階で医薬品を利用するのは危険で有る事や効果が出ない事も有ると言われています。



関連リンク

img-2
自分がAGAであるか否かの判断

薄毛に悩む人は多いと言いますが、髪の毛が薄くなる原因は人それぞれ異なると言いますが、20代から30代の若い男性に多いと言われているのが男性型脱毛症とも言われているAGAなのです。AGAの特徴と言うのは、生え際部分が徐々に後退していくM字の形に薄くなるM字型と、頭のてっぺんが丸い形で薄くなるO字型の2つのパターンが在る事です。...

more
img-2
AGAとハミルトンノーウッド分類について

20〜30代の若い男性の薄毛の多くは男性型脱毛症のAGAの可能性が高いと言います。AGAはM字ハゲとO字ハゲの2つの薄くなるパターンが在るのが特徴で、薄毛の進行度合いを示すと言うハミルトンノーウッド分類と呼ばれる分類図に当てはめ、現在の薄毛の症状がどの程度の物であるのかを知ることが出来ると言います。...

more
top